「Time is Money」

Time is money(時は金なり)

 

約40年前、小学校卒業の寄せ書きで頭にふと思い浮かんで書いた言葉です。

Time is money

 

当時はなんでこの言葉を書いたのか思い出せないのですが、

最近になって、自身の状況を踏まえこの言葉がヒシヒシと蘇ってきます。

 

言葉の意味としては

「時間は貴重なものであって、金銭と同じように大切で価値があるのだから、浪費するものではないという戒め。 時間は無駄に費やすものではなく、有効に使うべきである。」

 

当たり前といえば、当たり前だが、

佐々木の解釈は少し違う。

 

Time is money

「時間をお金で買う!」

 

生活するためには「働く」「労働」が必ず必要です。

すなわち、労働とは

「自分の時間をお金に換える!」

言い換えると

「時間をお金で売る!」

行為だと言えます。

 

昔と違い、現代は時間の流れが速い状態で、

じっくりと物事を考えたり、勉強したりする余裕が少ない。

 

特に現在のような、ネット社会では様々な物事を1から始めるのは

かなり無理があると考えます。

 

ではどうしたらいいのか?

 

「時間をお金で買う!」

事ではないでしょうか?

 

情報が欲しければお金を出して、必要な本を購入する!

お金を出して有料セミナーへ参加して、情報を得る!

ホームページを作りたければ、専門の業者へお金を払って作ってもらう!

 

「情報はネットで無料で得られるよ。」

「ホームページも自分でできるよ。」

 

なるほど、できると思います。でも・・・・

自分でやろうとすると膨大な時間がかかります。

 

特にビジネスで考えた場合、本来の「目的」「目標」があるはず、

情報を得ること、ホームページを作ることが目的、目標ではなく

 

それを達成するための「手段」「ツール」だと思います。

 

判りやすく説明すると、佐々木は釣りが大好きなんですが

 

この場合、「目的」「目標」は「魚を釣り上げること」ですね。

 

当然、魚を釣るためには

「釣り場(釣れる情報)」

「釣り方(テクニック)」

「釣り道具(釣るツール)」

等がが必要です。

 

これを1から自分自身でやろうとするとかなり無理があります。

「竿を自分で作り、釣れるかどうか判らない場所で、見よう見まねで釣りをする」

これではビギナーズラックでもない限り魚は釣れません。

 

ではすぐにでも「魚を釣る!」ためにはどうしたらいいか?

「釣り情報誌や雑誌をお金を出して購入する。(情報)」

「対象になる魚の釣り方のDVDをお金を出して購入する。(テクニック)」

「もちろん、竿やそのほかの道具はお金を出して購入する。(ツール)」

「出来るなら釣りのプロをお金を出して、釣りに同行してもらう。」

 

「お金を使うことにより、時間を短縮でき目的目標を早く達成する!」

事ができるんですね。

 

Time is money

「お金で時間を買う!」

Comments

〒830-0038

福岡県久留米市西町      1036-13

TEL                                090-2714-1089

mail                   sasaki@chikugonet-club.com

mail-form                     お問い合せ

恋するフォーチュンクッキー
恋する久留米ver.


2014.10.10スタバで動画!

携帯情報QR

携帯で読み込んで下さい

Paypal(ペイパル)
Square(スクウェア)導入
クレジットカードでの
お支払いにも対応。
ネット決済
イベント会場での
カード決済もOK!

最近のコメント